トップ >  商品情報 > ビーチロックP型 説明 > 諸元表

●ビーチロックP型

●ビーチロックP型Kタイプ

 弊社では階段式緩傾斜護岸ブロック「ビーチロック」を開発し、全国で発売しておりますが、その姉妹品として「ビーチロックP型」を開発いたしました。
 「P」とはPlain(平ら)を意味し、広く緩傾斜護岸や河川・海岸の根固めにも利用できるようにしたものです。
 近年、豊かな自然環境に恵まれ様々な機能を備えた海浜空間の整備に対する要望が高まってきております。こういった時代の要請に応えるひとつとして開発した「ビーチロックP型」は、消波効果はもとより、前浜の保持や回復、自然環境の整備などに、十分な効果を期待できるものと思います。
 今後"海辺のふれあいゾーン"を建設する上でこの「ビーチロックP型」が少しでもお役に立てれば幸いに思います。

■ビーチロックP型の特長
1.優しいカーブで柔和な海岸線を作りだします。
2.緩傾斜護岸として海岸の侵食対策に十分効果を発揮するとともに、河川・海岸の根固めとして有効です。
3.ブロックのかみ合わせがよいので安定した構造が得られます。
4.戻り流れの流速を弱めて法尻の洗掘を防ぎます。
5.表面に突起がないため斜路工としても利用でき、階段式の「ビーチロック」との併用も可能となります。
6.ブロックの配列パターンを変えることにより、美しい海岸模様を作り出すことができます。
7.施工がしやすく工費が安くなります。



 

仙台湾南部海岸 海岸堤防復旧工事
東日本大震災で被災した堤防復旧における粘り強い堤防構造の被覆ブロックとしてビーチロックPⅢ型2t・PⅢ型2tKタイプがご採用頂いております。


「粘り強く効果を発揮する海岸堤防の構造検討【第1報】」に適合したコンクリートブロックです。
  ・「表被覆工と同等の重み・重量を確保」→コンクリートブロック(2.0t型 t=500mm以上)
  ・「ブロックの連結は法面上下方向にかみ合わせ構造とする」(浮き上がり防止)


●ビーチロックiP型

●ビーチロックiP型の特長
ビーチロックPⅢ型を不透過型(impermeant)型対応へと改良したブロックです。陸側被覆用かみ合わせタイプとして ビーチロックiP型2tKFタイプ、河川・海岸側被覆用目地タイプとして ビーチロックiP型2tKMタイプがございます。
■ビーチロックiP型の特長
1.ビーチロックPⅢ型と同様にその形状から据付し易く、曲線部にも対応し易いなど施工性に優れています 
2.上下方向はもとより、左右方向にもかみ合わせがあり、より”粘り強い”構造が期待出来ます。 
3.ブロックは相互に連結し、連結部をコンクリートで充填することで一体化出来ます。
4.配列時に出来る間隙が少ないため、二次コンクリート量が抑制出来ます
5.ブロック表面の粗面仕上げ加工にも対応出来ます



●ビーチロックPⅢ型2t据付動画

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


●ビーチロックPⅢ型kタイプ据付動画

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ビーチロックP型 カタログ
ビーチロックP型 カタログ

左記画像をクリックしてご覧ください。
サイズ:4.9MB

本間コンクリート工業が取り扱う商品のカタログをダウンロードできます。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Readerが必要です。
ダウンロードしてご覧ください。

Adobe® Reader®のダウンロード

ビーチロックP型 カタログ
■商品バリエーション
■資料請求・お問合せ
本間コンクリート工業はチャレンジ25を応援しています。
カタログ紹介
施工事例集
社会貢献活動の紹介
藻場造成資料【消波根固ブロック・シェークブロックの本間コンクリート工業】
新採用・中途採用の募集をご案内します【消波根固ブロック・シェークブロックの本間コンクリート工業】